文京区・本郷三丁目駅 徒歩2分。地図はこちら〉WEB予約はこちら〉便潜血・血便を指摘されたら・・・〉インフルエンザ予防接種!〈コロナワクチン予約枠!〉

 

苦痛の少ない大腸カメラ・胃カメラを受けていただけます。便潜血を指摘されたら大腸カメラを受けましょう。
静脈麻酔(鎮静剤)を使って寝ている間に検査を行うことも可能です。
大学病院・総合病院で受ける場合と遜色ない技術を内視鏡専門医が提供いたします。

※内視鏡ブログもどうぞご覧ください!→こちら

内視鏡

大腸カメラ

大腸がんを予防しましょう。
大腸がんの予防には、大腸カメラを受けることが極めて有効です。大腸がんの前駆病変である腫瘍性ポリープを内視鏡で切除することで、多くの大腸がんを予防できます。がんになる前のポリープであれば、多くの場合は日帰り手術で切除可能です。
また、既に大腸がんができてしまった場合においても、大腸がんを早期に発見するには、大腸カメラが有効です。早期の大腸がんであれば、日帰り手術で切除可能な場合もございます。
早期発見・早期治療が極めて重要です。
検診で便潜血を指摘された場合は、必ず大腸カメラを受けることをお勧めします(※)。すぐにできる胃カメラに比べて、大腸カメラは検査前の準備が必要になります。ご不安な方には点滴からの麻酔を使った検査をお勧めしております。基本的には麻酔なしでも苦痛なく検査を行えることを目指しております。ご希望に沿った対応が可能です。お気軽にご相談ください。

※便潜血を指摘されて大腸カメラを受けても、大腸がんではないことの方が多いです。しかし、便潜血をそのままにしておいて、数年後に進行した大腸がんになって発見されることもあります。大腸カメラはなかなか一歩踏み出しにくい検査とされておりますが、便潜血を指摘された場合はそのまま放置にはせず、大腸カメラを受けていただくことをお勧めします。

胃カメラ

食道・胃のがんを早期発見するには、胃カメラが有効です。医療技術が進歩した今、胃カメラは決して敷居の高い検査ではございません。静脈麻酔で寝ている間に検査することも可能です(麻酔の効き具合には個人差もございます)。胃カメラを未だ受けたことのない方は、お気軽にご相談ください。

内視鏡治療

必要十分な治療を心がけております。治療すべきものは治療し、過剰な治療はしない方針です。基本的には、ガイドラインに沿った治療を行なっております。
まれに入院治療が必要な病気が発見されることがございます。入院治療が必要な病気が見つかった場合は、お一人おひとりに適切な病院をご紹介いたします。大学病院や対象の治療に特化した病院にご紹介いたします。

料金の目安(3割負担の場合)

胃カメラ(観察のみ)
4000-6000円
胃カメラ(組織検査あり)
6000-10000円
大腸カメラ(観察のみ)
5000ー7000円
大腸カメラ(組織検査あり)
約14000円
大腸ポリープ切除・日帰り手術
約25000円
出血に対する止血術
約25000円
異物除去(アニサキスなど)
約12000円

※上記は目安となります。
※初診か再診か、点滴内容、鎮静剤の有無、お薬処方の有無等により変動があります。
※1割負担の場合は1/3、2割負担の場合は2/3になります。